FC2ブログ
香港のブロードバンド事情
震災後2度目の海外出張です。
今回はあまり前向きな内容ではなかったのですが
ある意味工場との「絆」を深くするためのものでした。
20日に香港トランジットで中国へ入国し
昨日香港に戻りました。
中国最終日、会社のスタッフから容量の大きな
メール(4.3MB×3)・・・アモイの空港も
フリーアクセスはありますが、通信速度が遅く
メールを受信できません。
香港に戻れば大丈夫と思いつつ香港へ
香港空港では、もう数年前からFREE WIFIが整備されていて
無料でアクセスが可能です。
しかし香港空港でも1つのメールを受信するのに15分・・
そのまま空港で受信するよりホテルの有線で受信した方が
早いと思いバス停へ。
節約意識もありますが、A21のバスは泊まるホテルの真ん前に
泊まるので最近はバスが主流です。
そしてバスへ、何の気無しに目を向けると、フリーアクセスの
張り紙、PCを取り出しアクセスすると簡単な質問ページに
答えてアクセス完了!
そしてその速度の速いこと。空港で15分かかったメールが
1分以内ですべて受信完了。ネットもサクサク。
後で聞いてみると、市内の2階建てバスは殆どフリーアクセスが
可能とのこと。香港は至る所にFREE WIFI POINTが有り、すべて
無料でアクセスができます。
日本にもありますがほとんどが有料、その差って何なんでしょう?
スポンサーサイト
【2011/04/24 14:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不安
震災から1ヶ月の昨日、私は浜松への日帰り出張

2社回り、会議を終えて帰路につこうとしたのが

17時過ぎ、会社に連絡し大きめの余震があったことを

知りました。でも大したことは無いと言うことで

通話を切り移動。

移動中、用件を伝え忘れたことを思い出し再度連絡を

取ろうとしても、「おかけのエリアは通話が混み合って

繋がりません」のメッセージが・・・・・

自宅も携帯も全く繋がらず、先程の余震のあと

大きな地震か何かが起きたのではと、不安がよぎりました。

程なくして通話ができたので、大きめの余震のせいなんだと

わかり安心。

先月末の海外出張時も思ったことで、来週も出張を控えており

東京を離れている時に何かが起きたらと考えると不安になります。

原発の終熄には相当な時間がかかると思われますが、地震に関しては

早く終熄してもらいたいものです。
【2011/04/12 21:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
良き昔の日本
震災後、電力不足の影響はかなり深刻なようですね。

節電の呼びかけ以来、会社の入り口の電灯は、蛍光灯を

半分に減らし、エアコンのスイッチもONにはならず

点け放しであった吸水サーバの電源も退社時にコンセントを

抜く徹底ぶり。さてどの位の節電に協力できたのでしょう

ニュースでは大口の電力需給社に対して輪番営業を

促しているそうで、デパートも休日を設け営業日を

各々ずらすそうです**********でも、待って下さい

何年前からそうなったのか?

昔は、このデパートは月曜日、あそこは水曜日と

週一のお休みは当たり前だったので、そう驚くことも

無いと思います。いつでもお店が開いていて当たり前という

感覚は、年末の買いだめそしてお正月の閑散とした商店街の

景色を無くさせているのでしょう。。

その景色が良い物とは言いませんが、時間の流れを少し

のんびりとした物になるのではないでしょうか。

携帯・メールなどいつでも連絡ができて、便利な反面

少し忙しない日常になっているんだと実感します。

今回の電力不足は大変なことですが、便利さの見直しと

自分時間を取り戻す良いきっかけになりるといいのですが

【2011/04/10 22:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
居るべき所
週末、九州に帰省していました。私的な用で、決して避難ではありません。
金曜日に戻り、その日はfacebookで久々(25年ぶり)に連絡が
取れた高校時代の友人と飲みました。
その友人も含め合う人々に「九州に帰ってこんね」と声をかけられ
(東京は大きな被災地ではない事を知ってか知らずか)
その気にはならないまでも、相変わらずの気遣いが
暖かく感じられました。
九州は、ほぼ桜も満開で景色はとても春らしくもありますが
震災の影響でしょう、花見に浮かれる人の姿もなく
少し寂しい感じもありました。

そして今日、飛行機で羽田へ・・帰るべきところへ帰ってきた
という気持ちになりました。
既にココがベースグラウンドなのですね。
【2011/04/03 22:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |