FC2ブログ
平和賞と香港
金曜日から香港へ来て、まずはクリスマスシーズン故のホテル料金の
高さに驚き(これは出張前から解っていたことですが)、そして週末と
言うこともあり、街に繰り出す人の多さ、そしてノーベル平和賞の受賞者
劉暁波氏の解放運動の凄まじさ。
一国二制度とは言えあまりにも内容の矛盾に驚きます。
平然と街頭の真ん中で民主主義とその活動家の自由を訴える集会には
北京ではとうてい叶わない運動が香港ではやれるのです。
そして今日、モンコックやチムシャーツイではもっと大きな集会が
行われ、その関心度の高さに異様な感じさえ受けます。

香港は97年の中国返還以降、日本人の観光客も減り、その分大陸からの
観光客に支えられ、今では香港ドル1に対しRMBが0.83までの逆転劇。
外野的に見てきた私にとって少し???な感じですが、返還以降確実に
元気になりつつある香港が感じらる今回の出張です。
飲みに出て11時を回るとタクシーがつかまり辛かったり、ヴィトンなど
有名ブランドの入口に列が出来るなど、バブル期の香港を思い出させます。

そして12月というと有名なイルミネーション。最近はLEDの普及でスポット的な
ものが多いのですが、やはり香港は夜景の中のイルミネーションが元気の象徴です。
昔のバブル期の勢いには未だ欠ける感じはしますが、少し復活気味に
キレイに彩られています

HONGKONGSIDE

KOWLOONSIDE

香港の経済的復活に合わせ、ノーノーベル平和賞の受賞は叶わなかったものの、
運動家が自由に意見が言える環境が大陸にも芽生え守られることを
期待します。




スポンサーサイト
【2010/12/13 01:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
創立記念日
本来はお休みにするところですが、仕事が立て込んでおり
通常営業です。
とは言え良い事もあり、ボーナス支給日でもあります。
と言う私は支給する側ですので嬉しいという事はないのですが
感慨深さで言うと、1年の締め月、ホッとする日でもあります。
かなり不景気感が漂う1年でしたが、スタッフの皆さんには
よく頑張っていただきました。
私的にも、色んな波があり怒濤の1年でしたが、今となれば
何とか乗り切れ、先を見据えるいい年でした。

そして明日から今年最後(多分)の海外出張です。
新しくなった羽田空港国際線を利用して一路香港。
新しモノ好きなミーハーではないですが、少しワクワクします。
また、週末に掛けての出張も久しぶりで、今回の日曜日は
仕事は入れず、少しのんびりしようかと・・・・・
ただ、一人での行動は難しいですね。

題目から道が外れましたね、そうそう今日で丸々22年
そして23年目の始まりです。

【2010/12/09 18:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |