FC2ブログ
大人の宴
今日は友人の結婚式でした。この歳になって友人の式に呼ばれるというのは
少し気恥ずかしさと期待感のあるもので、少し緊張感を持って出席してきました。

炎天下のもと明治神宮で挙式、その後日比谷の聘珍楼で宴を・・・
何がアダルトかって、新婦が私の友人で、新郎は数歳上の方。
宴では、別に司会を決めている訳でもなく、乾杯の音頭や主賓の挨拶が
誰と事前に依頼している訳でもなく、新郎がその場で名指しして司会が決まり
乾杯の音頭も同様、出席者(新郎の友人知人ということで殆どが私の先輩)は
「いや~いきなりのご指名で・・・」といいつつも、恙無く役をこなし
それもかなり流暢に。
お祝いのスピーチも、やりたければ誰でもできる感じのノリで、我先にと話す人
指名を受けて渋々登場も内容の濃い楽しいお話、そしてカラオケもないのに
アカペラで歌う人・・・かなり面食らいつつも楽しい宴でした。

若い頃は、事前に司会も決め、主賓は誰と誰そしてスピーチは誰、余興は・・・
何事も事前に組み立てるものです。しかし、お互いの気持ちが真のつながりで
皆が祝う会なのですから、そう、当日でも十分に楽しめるのです。

昔オーストラリア人の友人が開くパーティーに参加した時のこと、そのパーティー
は、友人たちがホスト役に徹し、人と人との間に入り話を盛り上げつつ、つながりを
作っていき、何の余興も無いのにたくさんの人と知り合いになれ、楽しく過ごした
ことがありました。
今回の宴もまさしくそんな感じの会で、大人になって、より大人の世界を
感じることが出来た気がします。

我が社も今年20周年目になり、未だ決まってはいませんが、祝賀会を
行うことになれば、社の人間がホスト・ホステス役に徹し人と人とのつながりを
楽しく演出できる会にできればと思います。

個人情報に関わるので名前は控えますが、MKさん結婚おめでとう
末永くお幸せに、そしてたまには仲間の集まりにも参加してください。

スポンサーサイト



【2008/07/26 21:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |