FC2ブログ
地震後の中国
四川大地震後初めての中国出張です。
とは言え、私が訪れているのは、弊社の生産拠点
アモイです。
工場で働く工員さん達は四川出身の人もいますが
ほとんどが、重慶より南で、地震の影響を受けた地区出身者は
3名、そしてその各人は家族とも連絡が取れており、問題ない
ことを確認しました。

滞在中、その前の香港でもそうでしたが、テレビの番組では
地震のその後の放送が目白押しで、現場の中継・テントや仮設住宅の
生産工場の中継・医療現場の中継・各国の救援隊の状況放送・救援物資を
運ぶトラックに同乗しての中継・・・・・・・とにかく数あるCCTVのチャン
ネルの殆どが、地震関連の放送です。
そして私が少し気になったのが、日本の救助隊に対する報道で、
滞在時はすでに引きあげた後だったのですが、中国ではかなり
評価の高い放送だったそうです。
それは、日本の救助隊がいち早く現場に駆けつけてくれて、最新機材で
生存者の救出にあたったけれども、残念ながら生存者は救出できま
せんでしたが、日本の救助隊は、あきらめることなく、遺体を収容し
その遺体に対し隊員全員が最敬礼し見送る姿に、現場の住民が涙した・・・
と言った内容だったそうです。

前回のサッカーワールドカップで、日本は負けた後、韓国の決勝ラウンドを
日本人が一生懸命応援する姿を韓国の人たちが見て、少し両国間の関係が
暖かな物になったように、今回ケースは悲しむべきことですが、反日
感情の高い内陸部において、日本の救援隊が活動することは、日中間の関係を
良い方向に向けてくれる役目もあるなぁと感じました。

そして本来なら今頃香港に戻っている時間ですが、飛行機が2時間遅れです。
相変わらずな部分もこの国にはありますが、長~い気持ちで(^^)
スポンサーサイト
【2008/05/27 17:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
活動の場
決算月、今日から今期最後の海外出張です。
ただ今日は、特にアテンドはなく、事務仕事と銀行に寄るくらいで
残った時間で問屋街(生地・部材)を回るくらいです。
もう何回来たのか数えきれないほど来ている割には、繁華街は
詳しい割に、仕事の活動の場は決まった場所以外を徘徊したことが
ありませんでした。
少しバッグの型サンプルを物色する目的もあり、市場街に行ってみました。
場所は深水涉(シャムスイポー)。九龍地区の繁華街、チムシャーツイから
地下鉄(ツウェンワンライン)で5駅目。そこは衣料品そして生地・部材の
問屋街として有名で、路面の衣料問屋には海外(主に東南アジアからアフリカ)
からの買い付け客向けにあらゆる商品が陳列されており、東京で言うと
横山町に似た(客の人種は違いますが)町並みが続きます。
その裏通りに一歩入ると、太子(地下鉄の手前の駅)まで一面の生地問屋街が
始まります。その数数千軒・・・とても一日では回れないかずですが、
何度も通ううちに、今では迷うことなく生地種によって素材を探せるほどになりました。
興味がある方は、一度行ってみるとおもしろい場所です。

ただ今日は、その街の全く逆側を徘徊してみようと道路を渡りました。
全く始めてではないのですが、そこはモンコックの女人街の小型版とでも、
または女人街が観光客向けとすると、そこは香港人向けの市場なのです。
衣料はもとより、家電・小物・靴・鞄・日用雑貨が所狭しと立ち並んでいます。
深水涉1

女人街ほど大きくはないけれど、商品のバリエーションの多さから
一軒一軒見て回る楽しさがあります。(女人街は品揃えが似たお店が多い)
中でもおもしろかったのは、全くの中古品、それもきっと壊れていそうな
オーディオやドライヤー・電気ポット・アイロンそして鍋ヤカン・・・・・
誰が買うの?と言うがらくたを集めたお店が点在することでした
深水涉2
深水涉3

中には、あらゆる電化製品のリモコンばかりを置いてある店、またはコンセントから
家電をつなぐ電気コードばかりのお店など、見ている内にこういう街があれば
家で使う何かの一部が壊れたときに、修復の材料を買うのに便利だと思うように。
それも新品ではなく、中古品の使える部分を商品化しているわけで、補い合い
長く使うための知恵として、興味深くそして考えさせられつつ探索しました。

まだまだ新しい発見があるであろう香港です。
【2008/05/23 23:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地震の影響
12日に起きた四川省の地震、ちょうど浜松出張中に知りました。
会社の生産拠点は福建省と広東省が中心で、少しホッとした面も
ありましたが、その工場で働く工員さんの多くは四川省出身の
出稼ぎの方が多いので、その動静は気になりました。
翌日東京に戻り、各関係工場に連絡を取り、状況を聞きましたが
四川省でも南部出身の人がほとんどで、さほど問題はないようです。
ただ、協力工場で、上海近郊の工場では、集団で成都からの工員さんを
抱えた工場はその対応に苦慮しているようでした。

そして各方面から弊社に中国生産と今回の地震の影響について
問い合わせを頂くようになりました。
ひとまずこの場を使って、弊社の生産拠点は問題ないことを
ご報告いたします。

今後各方面と協力をして、今回の災害に対して支援できる内容には
参加していきたいと思います。

今はまだ、その被害の甚大さが未知数でしか伝わってきませんが
オリンピックを前にその実態を隠すことなく、復興に各方面の
協力を得つつ、スポーツそして平和の祭典のオリンピックが、無事に
行われることを切に祈ります。

被害に遭われた四川省の人々には、大変なことで私には想像がつかない
状況でしょうし、流れる映像を見ると心が痛みます。
心よりお見舞い申し上げます。










【2008/05/15 22:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あと1ヶ月
今年も決算の月がやってきました。
色んな事があった1年でした。従来の仕事も、原油高による
原材料費の高騰そして生産地での工賃の高騰。
それにより、やはり弊社においても原価を上げざるを得ない
状況で、その煽りはこれからやってきそうな気配で、今後を
楽観視できませんが、とりあえず1年がんばれたことに感謝します。
会社の設備的には、コンピューターを一新し、最近出力環境も
一新しました。そして可能であれば工場においても新しい設備を
備えられればと思っています。

そして本日、私事ですが、仕事上の知り合いから旧車(750CC)のバイクを
買い、少し乗り回してきました。(^^)
しかし、現状では集合管(マフラー)の消音器が破損しており、ほぼ直管状態で
あまり噴かすこと無く穏やかに走ってきましたが。
これから部品一つ一つをレストアし、もちろんマフラーも修理して
正統派のライダーよろしく、綺麗に仕上げていこうと思います。

これからの連休、ほぼお休みはできそうにありませんが、合間を見ながら
楽しみごとも織り交ぜながら過ごし、期末まで残り1ヶ月、
気を引き締めて頑張ろうと思います。
【2008/05/01 20:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |