FC2ブログ
台北の明暗
確か5年ぶりの台湾です。以前は生産拠点として何度も訪れた地ですが、今はそんな台湾の企業も主要生産を中国にシフトし、今はビジネスとしては空洞化が懸念される地になっています。
ではなぜ台湾なのか、中国での技術の発展はめざましいものがあるものの、特殊な加工の素材、マスに成り得ない表面感のある素材、小さなロットの細かい対応に関してはまだまだ力があるからです。
デフレの続く日本の市場において、今までは価格重視でプラスワンの付加価値を狙った商品の時代でした。しかし、未だそれほど実感はないものの、これから少しずつ価値観の高い商品の要望が増えてくることを考え、素材の付加価値をゼロの視点から見て回りたかったからです。
最初はそれほどの期待はなかったのですが、メーカーを回るごとに新しいアイデアを与えてくれる材料があって、さながら好奇心旺盛な子供のようにワクワクしてきました。細かな内容は企業秘密なのでこれから展開されるであろう商品で確かめてください。

26日の夜に台北に入りその夜は軽く食事してホテルにチェックイン、そのまま寝られるハズもなく、素材メーカの接待のもと夜の待ちへ。
かつては高級なクラブが並んでいた町も、空洞化のせいでしょう、その様相は以前の華やかさはなく、さながら閉園を迫られた動物園のような感じになっていました。
同行のYさんは肝試しのようだとも表現され、我々は早々にその町を離れ足つぼマッサージへ。(すでに12時を回っていましたが・・・;;
その時は遅かったせいでわからなかったのですが、次の日の夕食後夕食、飲み会には行かず足つぼマッサージへ行ってビックリ!
マッサージ屋さんに日本人の女性の多いこと。
生産を主体として考えると、空洞化しているようですが、観光としての台湾は今絶好調なのです。足つぼマッサージの発祥の地台湾、蒸しタオルで暖めつつもみほぐしてくれるその手法はやはりここでしか味わえない癒しの空間です。
これから観光で海外と考えてるのであれば、身近な海外「台湾」は食と美容そして故宮を代表する歴史発見の地、是非一度訪れる価値ありですよ(^^)
スポンサーサイト



【2006/03/28 02:18】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |