FC2ブログ
あっという間の1年でした
去年、中国の工場での人員引き抜き、合わせて電力不足、WTO加盟による
欧米のオーダーの急増など試練の年が開けて、今年は色んな意味でモノ作りに
対して気持ちをリセットした年でした。

今年を振り返ってクレームの無い良い年でしたと言えれば良かったのですが
やはりいくつかのアイテムにおいてクレームが発生してしまいました。
確かに去年に比べれば数量は格段に改善されたとは言え、その発生に対しては
頭を悩ませる内容が含まれていました。
しかし、体制づくりも含め数多いまわりの方々のご協力のおかげで、ほぼ解決し
少しは安堵できる状態で年末を迎えられました。

各工場・検品メーカー・素材部材メーカー・関係商社・乙中メーカー
情報提供メーカー・プリント刺繍加工メーカー・パターン作成メーカー
等々各社様にはここに御礼申し上げます。

少しづつですが来年も確実なステップアップを目指して頑張りますので
宜しくお願いいたします。

新年は6日からの営業開始になります。
スポンサーサイト



【2005/12/29 12:42】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
出張(観光)
ただ今、年内最後の出張中です。9日間の出張、そのほとんどは移動に費やされるのも
海外出張ならではです。現在色々な商品の生産をアジア特に中国で行っていますが、
中国と一言で言ってもかなり広い・・・
アイテムごとに大連・北京・上海(南通)・アモイ・広州・・・それらの場所を
1回の出張で回りきろうと思うと10日間はかかるでしょう。
今回は広州・アモイ・上海です。
そして今中間点であるアモイに来ました。本来であれば日曜日とはいえ
工場は稼働しているので十分仕事ができるのですが、今日は移動だけで
お休みにしました。
そして広州でも時間をもてあますので、観光をしてきました。
年に十数回出張に出ているにもかかわらず、観光はほとんど無いのが実情で
香港はもう100回以上通っているにもかかわらず、ビクトリアピークには
未だ行っていないのです(^^;

今回は、広州の蓮花山という、仏陀の寺院に行きました。山全体がそれにあたり
山頂には黄金の観音様が立っており、かなり景色の綺麗な場所でした
その他千の手と目を持つ千手千眼観音など
CIMG12180955.jpg


CIMG12181933.jpg


どれも規模が大きく、壮観な眺めは、本来はホテルでゆっくりしたかったのに
と言う気持ち消し去る勢いでした。
寺院全体を歩くのに約1時間。アップダウンの最後を締めくくる329段の階段は
かなり大変でしたが、運動不足になりがちな出張中は良いかもしれません。
【2005/12/18 18:19】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
創立記念日
今日12月9日は創立記念日です。
昨日で17年目が終わり、今日から18年目の始まりです。
人間にたとえれば、大学受験の歳なのです。
そうやって考えると、これからは、より専門的に、個の特徴を
より磨いていく段階なのでしょう。
すなわち、自社での特徴付けをより明確にし、自信につなげて
行かなくては・・・・・
振り返れば、、設立後一番最初の仕事は、ライオンのイラストを描く仕事でした。
確か1枚4000円、これが最初の一ヶ月の売り上げでした。
そして一ヶ月の固定費が65万円。当然赤字で、不安はありましたが、
そんな不安をかき消すため、色んな営業をし、夜にはバイトを掛け持ち
結構頑張っていたように思います。

そして数年が経ち、企画業として何本か柱になる仕事に恵まれ、
企画業務を主体とした会社になったのが8年目、ただそれは、アイデアの想起と
実務に追われる日々でした。

{色んなカテゴリーのマーケティングとデザインワークそして製品サンプル指示。
 言ってしまえばこれだけですが、かなり大変な作業です。
 テニス・スキー・アウトドア・モータースポーツ・ダイビングなどなど
 スポーツという言葉で括ってしまえば同じものですが、使用環境、用途が違えば
 素材も変わり、カッティング、機能性も異なります。
 また同じカテゴリーの中でも、競技内容または嗜好用としてもデザインが変わり
 ます。
 それらを熟知した上で企画を進行していくわけですから、単にデザインを描く
 というわけではないのです。}

その後、色んな人や仕事との出会いの中で、生産業務を始めるようになり、
現在は、企画から製品までを一つの商品として、提供できるようになりました。
とは言え、年齢的にはこれから大学受験、まだまだ勉強して行かなくては・・・

そして設立記念日=ボーナス支給日、払う立場から言うと、これは私自身そして
社員さんの、年2回の通信簿かなと。

社員さんはどう評価することやら(^^;

【2005/12/10 00:44】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |