FC2ブログ
生産キャパと設備投資そして・・・
何とかインフルエンザでは無さそうで今回の出張も
無事に過ごせています。
今回の出張の目的は、アモイの本工場の生産キャパが一杯で
生産スケジュールが2週間から約1ヶ月遅れているため、今後の
対策を話し合うことでした。
解決策として協力工場の開拓・第二に設備投資です。

以前は広州・シンセン・泉州にあった自家工場を、バブル崩壊と
共に閉鎖して、アモイの本工場のキャパを拡充することにより
乗り切ってきましたが、もう限界です。
まずは近隣の2工場を視察してきました。1つは最近ある工場から
独立した若い社長以下30名の工場、もう一つはある大手(欧米向け)
の協力工場(100名弱)で、支払いのトラブルで関係を断ち切り、
キャパを埋められるパートナーを探していると言うことで
見てきました。共にそう大きくはなく、私が求める少量対応が可能な
工場で、それぞれに特殊性をも持ち合わせているので、来月の生産分
から一部お願いすることになりました。
そして昨晩には、ほぼ2年ぶりに鄭州の張さんもアモイに来て色々と
情報交換が出来ました。
余談ですが張さんは私と同じ歳の女性で約7年前、国営公司の解体時に
一部門を買い取り今では3工場の総経理です。
以前から私の会社の企画する商品に感心を持っていただいていて
今回もあらゆる可能性を模索してくれていました。

そしてもう一つ、「設備投資」これは生産キャパを上げるというより
かは新しい試みの商品開発のためのものなのですが、新しい機械が
1台約5万元=日本円で約80万円。まだまだこれからの商品展開
のために必要と思われる程度ですが、必要は必要。ただし量産のこと
を考えると最低でも3台は必要と思うのですが、工場サイドは1台
で良いと言うのです。
その根拠は1台で24時間3交代でフル稼働すれば人件費との絡みで
その方が安いとのことでした(^^;
以前ある方から、ベトナムの工場でオフィス棟の入り口に2人、
ドアを開けるためだけの人を配置してある工場があり、そこの総経理
に自動ドアにしてはと提言したところ、自動ドアは150万円かかる
けど2人の人件費は1ヶ月6千円と簡単に返答されたと聞いた事を
思い出しました。
確かに人件費の方が安いのかもしれませんが、そう遠くない将来
人件費が重くのしかかる日がやってくるハズです。
今回はひとまず引くことにしました・・・・・いずれ複数台体制に!

こうして今回のアモイはほぼ満足・少し???の状態ですが
アモイの仕事は無事終了しました。そして香港にて・・・・・
本当はブログを書くきっかけは続きの内容なのでした(^^;
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/03/25 01:20】 | 裏話 | コメント(0) | page top↑
モノ
昨日あるメーカーから仕事の依頼(可能性かな)を受けました。
本来我々のような小企業はそんなお話しは有り難く、
話しに耳を傾け、成り得る方向(儲かるように)考えるべきなのでしょう。
でも今日は、成り得る方向・そうでない方向、対等に考えを巡らせました。

今の世の中は、色んな方策を安易に見つけることができ、そして
実行に関しても、簡単に行えるようになってきたように思います。
でもそれは日本が先進国であり、生産に関しては幾多の生産拠点が身近ににあるから
そう思えるのでしょう。

先日、お付き合い先のメーカーから、元発注の約30%のインシーズンの
追加発注を頂きました。
従来であればこれは即座に成り得る方向に考えるべきなのですが、以前、
弊社の生産拠点では、例えば100着生産するのに、ロスの見込みを大きく考え
130着できる材料を用意していました。
それは裏を返せば、追加に関して、棚ぼた的な発想ですが、対応できたわけです。
しかし最近では多くとも3%くらいしか見込まないようになっているのです。
それは、生産技術が上がったと言う見方と、生産コストの上昇と我々の要求コストが
厳しくなったせいもあるでしょう。
主婦的な考えですが、同じ料理を同コストで提供するために、材料の単価が上が
った場合どうするでしょう、

・量を減らす
・解らない範囲で材料をケチる
・思い切って維持する

他、色んな選択肢があるのでしょう、しかし美味しさ(質)に重きを置くのであれば
当然コストはかかってくるのです。
家庭内の料理であれば人件費は考えず、材料費のみのことだけで済むのでしょうが、
消費するモノには当然生産に関わる人件費が関係してきます。

デフレを脱却しつつあり、安いだけのモノが売れない今、どんなモノであれ
質感(クオリティー)と価格そして必然性のバランスを考えないといけないようになっていると思います。
【2005/10/07 22:35】 | 裏話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |