FC2ブログ
30周年会
30周年
4月19日に無事周年会を終えることが出来ました。
約160人のご来場者をお迎えし、かねてから考えていた
アットホームな雰囲気と色んな方々の交流そしてもちろん
弊社からの感謝の気持ちをお伝える会として、あっという間の3時間でした。
ご来場頂いたお仕事関係・友人・関係者そしてもちろんスタッフそして家族に
感謝いたします。
最後の挨拶でもお話ししたのですが、4月19日は約120年前のその日江戸幕府の
一大事業として日本地図(大日本沿海輿地全図)の作製を請け負い伊能忠敬が、
蝦夷地の測量に出発したことを受けて「地図の日」と設定されているとのこと。
驚きは伊能忠敬が私と同じ55歳の時で、そこから17年かけて完成させたと言う事を知り
まだまだこれから頑張れる気持ちがより一層強くなりました。

周年会が無事執り行われたことに改めて感謝いたします。
30周年

スポンサーサイト
【2019/04/21 06:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
周年会
本日、夕刻より30年の周年会を行います。
と言っても既に30年は昨年の12月で過ぎてはいますが、
「平成」と共に歩んできた会社の歴史と「令和」への改元最終月とを
重ね合わせ今月、そして本日執り行います。

通常であれば、お祝いを受ける方なのかもしれませんが
ここまで歩めたのも回りのメーカー様・スタッフ・友人・そして家族の
協力が有ってのもの、感謝の気持ちをお伝えする会にしたいと思います。

今回の周年会をきっかけに、ご招待客のリストアップや30年間の
出来事を思い起こしたり、お礼の品のデザインや作成等々
本来お仕事では無いことですが、ここ3ヶ月色々と考えました。
ご招待客の中には既に定年され隠居生活されている方、転職後連絡が付かない方
そして30年という月日の中で亡くなれらた方もいらっしゃいす。
コンプライアンスという縛りでオフィシャルには出席出来ない方の話しは
現代の時流なのかとも感じました。
そうした中でも150人近い方々がお見えになるようで、少し緊張しますが
有り難く感謝の気持ちで一杯です。

おそらくこの会をきっかけに、久しぶりに顔を合わせ同窓会的に盛り上がる方も
多いかとおもいます、私もその一員として楽しく過ごし明日から、新元号に向けて
31年目に向けてがんばろうと思います。
【2019/04/19 07:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Hotel Ranelagh
先月、オーストラリアへ行って来ました。
5度目の訪問でしたが、今回は34年ぶりに行く場所です。
学生時代に行ったその場所は、名称はThe Robertson hotelと
変わってはいましたが、建物はほぼ昔のまま残っており、
懐かしさ一杯の旅でした。
以前34年前にお世話になった方も高齢になられたと言うこともあり
久しぶりの再会でしたが、ベンツを颯爽と運転されるその姿は
とても77歳には見えず、お元気そうで何よりでした。
写真は旧ラネラグハウスのポスターと現ロバートソンホテルの写真です
Hotel Ranelagh2
Hotel Ranelagh
【2019/03/02 12:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライン
今年で米寿の母がガラ系からスマホに買換ラインをはじめました。
孫のアシストを受けつつ絵文字も習得し友達を精力的に増やしています。
私は母からの絵文字は何とも気恥ずかしいのですが、好奇心というか
前向きになんでもはじめる姿勢には学ぶべきものが有ります。

明後日から久しぶりにオーストラリアに向かいます。
25年前にお世話になった方に会う事が主な目的ですが
あの当時は学生で、田舎には帰らず東京で頑張る事を
決意した頃でもあります。
色々と前向きに考えていこうと思う週の始まりです
【2019/02/18 08:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2019オートサロン
今日はオートサロンで幕張へ。
毎年来ていますが、今年はプレスデーにもかかわらずかなりの人!
午後2時から一般公開と言うこともあるけど、駐車場に入るだけで20分。
少し出遅れたこともありますが・・・
招待枠の人がこれほど多いとは流石自動車業界。

各関係メーカーのブースに顔を出すだけで展示会場の端から端まで
歩く羽目に、大手が一つのエリアに集中していれば楽なのですが
そうはいかないものですね(^^;
おかげで場内だけで1万歩、仕事とはいえ良い運動になりました。
IMG_E5074.jpg
【2019/01/11 13:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ